仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2 >    

2017年05月16日発行第197号”ただの弁護士じゃねえか、こんなもん”

平成29年 5月16日:初稿
横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの平成29年5月16日発行第197号「 ただの弁護士じゃねえか、こんなもん」をお届けします。

○「うさんくさい」とは漢字で「胡散臭い」と書きますが、この「胡散」とは何か変な臭いのある調味料の一種かと思っていました。「臭い」との掛け合わせからです。しかし、語源辞典を見ると、「香辛料の名前や薬の名前といった説もあるが、そのような名前の香辛料や薬は過去にも実在しない」そうです。小松説は誤りでした(^^;)。

○「弁護士の仕事は、依頼者のために口先一つで、相手を言いくるめる」との大山説は真理と確信しています(^^)。昔、ある先輩弁護士から「弁護士なんてのは詐欺師みたいなモノだ。」と聞いたことがあり、妙に納得したこともあります。私は、弁護士を聖職・正義の味方なんて、見方こそ「うさん臭い」と確信しております。

○しかし、お客様のために誠心誠意を尽くす、そのため他人様から後ろ指を指されないように細心の注意を払うことだけは、心して進まなければならないとも自覚しております。なんて、かっこつけて、大山弁護士から、ホントに小松弁護士は、単にうさん臭いだけだ、と断言されそうです(^^)。

*******************************************
横浜弁護士会所属 大山滋郎弁護士作

ただの弁護士じゃねえか、こんなもん


連続テレビ小説で、「ひよっこ」ってやってますよね。私が生まれた50数年前に、集団就職で東京に出てきた女性たちの話です。主題歌をサザンの桑田佳祐が歌っているんですが、それに対するNHK会長のコメントを読みました。簡単に言うと、メロディーはいいし、何となく雰囲気的に素晴らしいが、歌詞は何を言っているのかわからないそうです。

「愛の言葉をリル熱い吐息をもう一度恋はベルベットいかしたシルエット」なんて、なんのこったか、私も分からない。でも、とっても魅力的です!

そもそも桑田佳祐の歌詞は、40年前から何を言ってるか分からなかった。それでも多くの人を引き付けたのです。「愛に舞う裸の報道は情事すべき我が身に重要で終わりなき夜に咲く」なんて歌詞、どんなに頑張って、理詰めで考えても、分かるわけない。「ハイデッガー哲学の翻訳かよ!」と言いたくなりますが、何かとてもいい感じに聞こえるんです。

考えてみますと、こういう理詰めで考えると、そもそも何を言っているかよく分からないが、とてもよく思えるってこと、弁護士の仕事でもあるんです。

お客様でも、理屈は良く分かるし、言うことはもっともだと思うけれども、今一つ共感できない人はいます。(す、すみません。。。)その一方、文章に起こすとメチャクチャな内容になりますが、「ライブ」で聞いていると、とても心を動かされる人もいます。

これは弁護士としても同じことが言えます。法的にはかなりメチャクチャな内容でも、お客様に強く訴えかけることができる弁護士はいるのです。

「ただの歌詞じゃねえか、こんなもん」は、言うまでもなく、桑田佳祐の本ですね。この中で桑田大先生は、歌謡曲の魅力について語っています。「歌謡曲の何が好きって、あれは水商売っぽくてうさん臭そうだったじゃない。」だそうです。本の中では、ジャイアント馬場の「脳天カラテチョップ」が例に出されてましたが、プロレスの「必殺技」にもあるような「うさん臭さ」が魅力的です。「うさん臭さ」がなくなるとともに、歌謡曲が詰まらなくなってきているというのが、桑田佳祐の主張です。私も共感できます!

「うさん臭い職業」といえば、ほんの数十年前までは、新聞記者や弁護士が代表だったはずです。新聞記者なんて、大衆の嫉妬心に迎合して、人のプライバシーを暴く「うさん臭い」仕事の代表だったのに、いつの間にか「正義の味方」みたいになってますよね。新聞についても、「うさん臭さ」がなくなるとともに、「魅力」も減ってきたように思えます。弁護士も、似たようなものです。もともと弁護士は「代言人」といわれてました。「嘘八百の三百代言」なんて言葉もありましたが、弁護士の仕事は、依頼者のために口先一つで、相手を言いくるめるような「うさん臭い」仕事だったはずです。それがいつの間にか、理詰めで勝負する、「エリート」の仕事になってきたのです。

もっとも、今でもこういう、良くも悪くも「うさん臭い」弁護士は存在してます。元検事で、暴力団のために働いている弁護士なんています。「あの先生なら、どんな事件を起こしても、すぐに釈放してもらえる」なんて、「うさん臭い」評判を聞いたことがあります。なんか訳の分からない神通力をもっているような評判を勝ち取っている弁護士もいますよね。

私みたいに、基本的に理詰めで考える弁護士からすると、どうしても批判的な目で見てしまいます。しかし、そういう弁護士たちがある意味「魅力的」なのも間違いないと思うのです。「何言っているか理詰めでは分からなくても、魅力的な弁護士はいるんだ。」「うさん臭さというのも、人を引き付ける魅力なんだ。」ということは、忘れないでいたいのです。

*******************************************

◇ 弁護士より一言

高校生になった娘に、「一緒に映画見に行こう!」と誘いました。少し前までは、喜んでついてきたんですが、「えー、パパとぉ。。。」なんて、とてもテンションが低い。そこで、「ポップコーン食べながら映画を観よう!」といったら、急に行く気になったんです。
ぽ、ポップコーンで釣られるなよ!

一緒に「名探偵コナン」を見たんですが、「パパはポップコーンいっぱい食べて、あとはずっと寝てただけじゃん!」と言われちゃいました。ううう。。。
以上:2,390文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2 > 2017年05月16日発行第197号”ただの弁護士じゃねえか、こんなもん”