仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2 >    

2021年11月16日発行第305号”弁護士のおじさん構文”

令和 3年11月17日(水):初稿
横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの令和3年11月16日発行第305号「弁護士のおじさん構文」をお届けします。

○おじさん構文なんて、全く知りませんでしたが、ネット検索すると「教育とICTOnline」というサイトの「第73回 「おじさん構文」、ご存じですか?」というページで、「おじさん構文とは、LINEなどのメッセージアプリで使われるおじさんならではの言い回しを指します。「おじさんLINE」とも言われます。」等と詳しく解説されています。左図のように絵文字がいっぱい入っている文章です。

○おじさん構文は、5年も前の2016年頃から話題になっているそうですが、大山ニュースレターのお陰で知りました。古典から現代まで、月2回発行の大山ニュースレターはホントに勉強になります。この月2回は、当HPの安息日にもなっており、「パパ休刊しなよ!」なんて言われても、決して、くじけず、休刊などしないでの長期継続を期待しております。

*******************************************
横浜弁護士会所属 大山滋郎弁護士作

弁護士のおじさん構文


おじさん構文というのがあるそうです。数年前からあったそうなんですが、私は娘に教えてもらって、つい最近知ったのです。例えばおじさんが、若い女の子に送るときに使う文章です。大して親しくない相手に、「ちゃん」付でナレナレしく話しかけることや、絵文字をやたらと入れてくるところなどが特徴だそうです。

こんな感じですね。「〇〇ちゃん、今日もお仕事かな□ お寿司□好きかナ☺!? ☺!?❗❓こんど、ごちそうするネ□□□」絵文字多様のふざけた構文で、下心を隠しているように見えますね。(※□は大山ニュースレターでは絵文字ですが、絵文字フォントがないため□にしました)ネットを見ると、「おじさん文章ジェネレーター」なんてものまでありまして、「おじさん構文」を作る手助けをしてくれます。これを使いますと、句読点が多い長文で、漢字の代わりにひらがな・カタカナを多用した文章を作ってくれます。この文章の特徴である、セクハラみたいなことを言いながら、最後に「ナンチャッテ」などの言葉でごまかすというところまで再現してくれます。

「〇〇チャン、ゆっくり、休んでね!仕事は、大事。でも休みも、大事!!元気になったら、おじさんが、いやしてあげるヨ。ナンチャッテ!!」(あ、アホか)うちの事務所では、児童買春事件の弁護もよく扱ってます。ネットの掲示板なんかで、買春の相談しているのを、警察がチェックして事件が発覚することも頻繁にあります。少女を誘うようなことを書けば、警察の捜査が入ります。しかし、家出してきた少女に「おじさんの家に来れば、いやしてあげる。ナンチャッテ!」と書いておけば、「ナンチャッテ!があるから冗談だな」と警察も見逃してくれるに違いないのです。ナンチャッテ!ということで、おじさん構文について学ぶうちに気が付いてしまったのです。

私がニュースレターで書いている文章って、「おじさん構文」に相当程度当てはまるんです。もともと、顧問先を始め、お客様に出す文章ですから、親しみを出そうという気持ちがあり、かなり砕けた文章である点が似ています。長い文章で、漢字をなるべく使わないようにしているところも、共通点と言えます。極めつけは、「ナンチャッテ」と同じように、文章の中に「あ、アホか」とか「ううう。。。」みたいなのを入れちゃうところです。

更に言えば、おじさんの特徴として、大した用事もないのに定期的に、個人的な、どうでも良いことを書いた「俺通信!」を送りつけることがあげられるそうですが、こ、これって私の「ニュースレター」そのものじゃないですか☺!?❗❓ナンチャッテ。。。というわけで、私もこれからは開き直って、「おじさん構文」をマスターしようと決意したのです。そこで、この構文の本質は何かと考えてみました。(こういう理屈っぽいところも、おじさんの特徴と言われそうですけど。。。)

おじさん構文の本質は、「上から目線だけど、相手に媚びている」ということです。「仕事は、大事。でも休みも、大事!!」みたいな、人生の先輩風アドバイスをする一方、絵文字やひらがなや若者言葉で、にじり寄っていく感じです。と書いていて、ハッと気が付いたんです。「上から目線だけど相手に媚びている」文章って、世の中に沢山ありますよね。

政治家の文章なんてそうです。こないだの選挙のポスターで、「なにより、いのち。ぶれずに、つらぬく」なんていうのがありました。内容が、何となく上から言っているように思えます。ひらがなと句読点も多用されています。これに絵文字まで付け加えたら、立派なおじさん構文になりそうです!こういった、おじさん構文的な特徴は、弁護士の市民向け文章についても感じるところです。おじさんは、そんなふうに、ならないよう、きをつけるネ❗❓(^_^;

*******************************************

◇ 弁護士より一言

「俺通信」のニュースレターですが、いい加減書くことが無くなってきて、毎回凄く苦しんでます。今回も直前まで全く何も書けないで悩んでいたら、娘から「パパ休刊しなよ!人気作家じゃないんだから、みんな気にしないよ!」なんて言われちゃいました。少し気を悪くしましたが、娘に「おじさん構文」を教えて貰えたお陰で、今回も何とかなったのでした。
以上:2,284文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2 > 2021年11月16日発行第305号”弁護士のおじさん構文”