サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちており、正確性は担保致しません。データは、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。
また、恐縮ですが、データに関するご照会は、全て投稿フォームでお願い致します。電話・FAXによるご照会には、原則として、ご回答致しかねますのでご了承お願い申し上げます。
     
ホームページ更新情報          【最新記事
R 3- 1-25(月)健康 > ”もしガンになったら、でもならないために”紹介1
R 3- 1-24(日)健康 > ”口内炎と舌がんの違い・見極め方と病院の選び方”紹介 
R 3- 1-23(土)健康 > ワクチンの基礎の基礎-毒をもって毒を制す
R 3- 1-22(金)弁護士等 > 米大統領選オクトーバー・サプライズ-トランプ””前”大統領感染5
R 3- 1-21(木)交通事故 > 交通事故被害治療照会回答は個人情報に該当しないとした地裁判決紹介
R 3- 1-20(水)相続家族 > 遺言書成立日と異なる日付の自筆証書遺言を無効としない最高裁判決紹介
R 3- 1-19(火)法律その他 > 建設業法・建設業法施行令の基礎の基礎-先ず基本条文確認
R 3- 1-18(月)交通事故 > 人傷保険会社の自賠責保険金回収を加害者弁済とした高裁判決紹介
R 3- 1-17(日)趣味 > 映画”ダンケルク”を観て-戦場恐怖感を味わえます2 
R 3- 1-16(土)事務所 > 2021年01月16日発行第285号”弁護士の初心”
R 3- 1-15(金)健康 > 新型コロナ感染症に対するイベルメクチンの効果紹介
R 3- 1-14(木)弁護士等 > シュワルツェネッガー氏「トランプ氏は史上最悪の大統領」動画公開 
R 3- 1-13(水)相続家族 > 賃貸建物敷金返還債務は建物相続承継者が承継するとした高裁判決紹介
R 3- 1-12(火)相続家族 > 賃貸建物敷金返還債務は建物相続承継者が承継するとした地裁判決紹介
R 3- 1-11(月)健康 > ながら筋トレとしてアイソメトリクストレーニングを見直す-実例図 
R 3- 1-10(日)男女問題 > 体外受精出産について自己決定権侵害を認めた地裁判決紹介
R 3- 1- 9(土)貸借売買等 > 出資法違反貸付について不法原因給付を認めた簡裁判決紹介2


この改行は必要→
【最新更新記事】 R 3- 1-25(月):健康 > その他健康

”もしガンになったら、でもならないために”紹介1

○「”口内炎と舌がんの違い・見極め方と病院の選び方”紹介」に続いて、ガンの話しで、久しぶりに石原結實先生著「もしガンになったら、でもならないために」の紹介です。平成24年に購入していましたが、積ん読でした。最近、昔、委員会等でお世話になった年齢も弁護士稼業も2年先輩の方がガンでなくなったと聞いて、ガンが心配になったこともあります。先輩弁護士はまだ71歳の若さであり、誠に残念で、心よりお悔やみ申し上げます。

○令和2年10月には義兄も膵臓ガンのため81歳で亡くなりました。小学校時代から世話になっていた親しい友人も、1人は肝臓ガンで48歳、1人は胃ガンで62歳、で亡くなっています。「もしガンになったら、でもならないために」の「はじめに」には、「昭和50年医師数が約13万人、ガン死者数13万人、平成24年は医師数30万人を超え、ガン死者数は36万人を超え、統計的に見る限り、手術、放射線、抗ガン剤というガンの三大療法は、ほとんど効いていないことを示している」と記述されています。

○さらに「今の日本人は、一生を終えるまでに2人に1人がガンに罹患し、現在死亡者の3人に1人はガン死であり、今の西洋医学の論理、考え方、方向性が正鵠を射ていないのではないかとの素朴な疑問がわく」とも記載され、「ガンは別名悪性新生物と呼ばれる一つの生命なので、『生命とは何か』まで探って、ガンへの対処法を考えるべき」としています。以下、「もしガンになったら、でもならないために」備忘録です。

・発ガン物質は、自然界に存在しない物質・存在しても過剰な量によって細胞を刺激してガン化させる
・ガン細胞の特徴は、正常細胞から刺激を受けて「若返った(幼弱化した)細胞」
・ガン細胞は、幼弱細胞が増加し、成熟細胞まで成長できない細胞
ex.血液のガンと呼ばれる白血病は、本来の殺菌作用のない幼弱細胞が流血中に出てくる病気、

・病気の原因は「血液の汚れ」-発疹・炎症・動脈硬化・血栓・出血などは「血液の浄化反応」
・血液の浄化装置がガン腫と森下敬一博士が証明
「ガンは血液の浄化装置だから、手術や放射線、抗ガン剤で摘除・抹殺しても血液が汚れている限り、また、発生する。それが再発・転移」
・白血球(免疫現象の主役)とガン細胞は、体内・血液内の遊走、細胞間の基底膜を移動、ばい菌・老廃物を弱らせるとの共通点がある

・免疫学者阿保徹博士曰く30億年前に出現した始原生命(アメーバ様単細胞)が白血球でその親玉がマクロファージ
人体が危急存亡の危機の時、全ての細胞がマクロファージの先祖返りして生命を終えようとする
・ガン細胞は、血液を浄化して生命を永らえようとする一面と、血液の汚れが続くなら生命を終わらせようとする一面がある

・「大往生したければ医療とかかわるな」著者中村仁一医師、治療しないガン患者の方が長生きして痛みも苦しみもなく死んでいく

・ガンの原因は、食べ過ぎ(栄養過多)、運動不足、ストレス、低体温
・日本人のガンが激増した理由は、体温がこの50年で36.9°から35.8°に約1°低下したことで、その原因は①筋肉運動の不足、②塩分摂取の極端な制限、③水分の摂り過ぎ、④身体を冷やす陰生食物過剰摂取、⑤シャワーで済ます生活習慣等
以上:1,333文字

Page Top