仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 健康 > その他健康 >    

仙台市民の皆様へ-65歳以上の方の接種が本格的に始まります-?4

令和 3年 6月11日(金):初稿
○「仙台市民の皆様へ-65歳以上の方の接種が本格的に始まります-?3」を続けます。どこまで本当か判りませんが、「新型コロナワクチン接種後、亡くなった人数196人。すでにインフルワクチンの20倍以上。」なんてブログ記事が出ています。

○内海聡さんというお医者さんのツイッターには「死亡者数196人ということですが、氷山の一角なので実際は一万人近いのではないかと思います。」なんて物騒な記述をしています。根拠が示されてませんので、どこまで本当かは全く不明ですが、やはり、怖くなります。

○ちと古い記事ですが、「新型コロナワクチン 接種後20日以内に死亡した国内6例の詳細」を紹介します。

*********************************************

新型コロナワクチン 接種後20日以内に死亡した国内6例の詳細
NEWSポストセブン4/15(木) 11:05配信


ワクチンさえ接種すればコロナはもう怖くない。そんな希望に暗雲が立ち込める調査が公表された。4月9日、厚生労働省の専門部会に提出された報告書《新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要》。それによると、医療従事者への接種が始まった2月17日から4月7日までの間で、接種後20日以内に6人が亡くなったという。この資料には、ワクチンの接種から死に至るまでの出来事が克明に記録されている。公表資料と取材をもとに、実際に何が起きたかを詳細に再現してみよう。

 医療従事者への接種開始から遅れること9日、Aさん(61才・女性)はワクチンの接種会場へと向かった。2月26日のことだ。Aさんはその日、頭痛を抱えていたが、接種の可否を聞かれ、「大丈夫です」と答えた。接種後15分間の経過観察時に異常はみられなかったし、その後もAさんは、いつもと変わらない様子で働いているのを同僚が確認している。

 事態が急変したのは、ワクチン接種から3日後だ。3月1日午後、出勤予定だったAさんが職場に現れず、連絡も取れない。不安を感じた同僚がAさんの家族に連絡し、急いで帰宅した夫が目にしたのは、自宅の浴室で倒れている妻・Aさんの姿だった。すぐに救急車を呼ぶも、Aさんはすでに心肺停止状態で死後硬直が始まっていた。死因はくも膜下出血だった。

 女性Bさんは26才と若く、健康な医療従事者だった。基礎疾患はなし。だが、悲劇に見舞われた。3月19日にワクチンを接種したBさんは、接種後の体調変化やアレルギー反応であるアナフィラキシーもなく、普段と同じように働いていた。

 だが接種から4日後、夜勤の出勤予定日なのにBさんが来なかったため、勤務先の病院が家族に連絡。3月23日夕方のことだ。慌てて駆けつけた家族や警察が自宅で目にしたのは、居間で絶命しているBさんの姿だった。全身CTの結果、小脳の血腫からの出血がみられ、脳出血と、くも膜下出血が死因と診断された。

 3月24日にワクチンを接種したCさん(72才・女性)は就寝直後に異変が起きた。ワクチン接種から3日が経った夜のこと。21時に就寝してからおよそ2時間半後に頭痛と吐き気で起きたCさんは、必死に何かをしゃべろうとしても呂律が回らない。

「救急搬送された医療機関で脳出血と診断されましたが、手術や延命処置を希望せず経過観察となり、29日に死亡が確認されました。死因は脳出血と診断されました」(全国紙社会部記者)

 死因として、脳出血やくも膜下出血などの脳血管疾患が多いことが目を引く。世界的にもワクチン接種後にそうした症状が確認されていると言うのは、医療ジャーナリスト。

「デンマークなど北欧の国でも接種後に脳出血を発症した例があります。決して日本だけで起こった例外ではない。脳出血の原因の1つである『血栓症』が一部のコロナワクチンの副反応であることはワクチンメーカーも認めています。ただし、そのメーカーのワクチンはまだ日本で接種が始まっていないので、現時点では“因果関係ははっきりわからない”としか言えないのです」

 ワクチン接種後1日で亡くなったDさん(62才・男性)は、抗血栓薬を服用していたことが調査でわかっている。

「肥満体形で糖尿病を患っていたDさんは、接種の翌日の朝、出勤前に朝風呂に入っていて倒れました。直接的な死因は溺死ですが、抗血栓薬をのんでいたということは、そうしたリスクは高い方だったということ。脳や心臓に急性の血管性の疾患が発生した可能性は否めません」(前出・全国紙社会部記者)

 日本での死亡事例6例の死因を見ると、脳出血や急性心不全など、血管性の疾患が多いことは明らかだ。厚労省は前出の分科会で、血栓症はワクチンを打たなくても自然に起こりえるものであると説明する。しかし、その一方で、死亡事例6例のうち、《ワクチンと症状名との因果関係が認められないもの》は1件もない、とも発表しているのだ。

「遺族の意向により病理解剖がされなかったので、明確な因果関係が証明できないという理由もありますが、ワクチンの副反応との関係を否定はできないということが、リスクを物語っているように思えます」(前出・全国紙社会部記者)

 ワクチン接種に懐疑的な見方を示すのは医療ジャーナリストの鳥集徹氏だ。

「たとえば、インフルエンザワクチンは毒素をなくした病原体の一部が入っている不活化ワクチンですが、コロナワクチンはウイルスの遺伝子情報を体に打ち込みます。そうした遺伝子ワクチンを人間が打つのは初めてなので、長期的に体にどんな影響が出るのかはまったくわかりません。

 海外では条件付き承認や緊急使用許可をされたに過ぎず、本当に治験の結果通りの効果が得られるかも不明です。接種を受けるのは、壮大な社会実験に参加するようなものなのです。それに、日本は欧米などに比べ、感染率、死亡率も低く、ワクチンを打つメリットは高くない。なので私は接種する気はありません」

 医療従事者限定でワクチン接種を開始して、わずか1か月半で6人の死亡例が発生したのは、果たして偶然なのだろうか。

※女性セブン2021年4月29日号
以上:2,491文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 健康 > その他健康 > 仙台市民の皆様へ-65歳以上の方の接種が本格的に始まります-?4