仙台,弁護士,小松亀一,法律事務所,宮城県,交通事故,債務整理,離婚,相続

旧TOPホーム > 事務所 > 事務所案内・行事等 >    

弁護士プロフィール

平成16年 6月24日:初稿 平成28年 4月19日:更新
弁護士 小松亀一
経歴
昭和26年8月5日生まれ、気仙沼市出身。小・中・高まで気仙沼で過ごしました。
昭和46年東北大学法学部入学、昭和51年同大学卒業。
昭和52年司法試験合格。昭和55年4月弁護士登録、沼波義郎法律事務所勤務、2年1ヶ月お世話になりました。
昭和57年5月小松亀一法律事務所開設~現在に至り、平成28年4月から弁護士稼業37年目に入ります。

趣味
週2回(目標)のテニス、データベースソフト桐の研鑽、
スキー(一旦挫折しましたが、高校スキー部に入った長女に触発されて再開したがやはり挫折)、
映画鑑賞でしたが、最近は殆ど観るヒマがありません、
以下の事情で、20数年前から、聴力低下(現在、聴覚障害による第6級身体障害者)で断念してたフラメンコギターに、再度、熱中しています。と言っても練習時間は一日30分もありませんが。
平成16年8月、HPリニューアル作業中、過去のビデオデータの中でギター演奏を見て、再度、ギターをやる気になりましたが、練習意欲がさほど湧かないままだったところ、平成19年夏に至り、「影を慕いて」のお褒めメールを重ねて頂き,俄然やる気が起き、その後、1日30分の練習を目標として、平成27年1月現在も継続しています。
又,自宅AVルームの再構築を目指していますが、なかなか手につきません。AVは、オーディオ&ビジュアルの略です。
その他カラオケ等色々挑戦し挫折した趣味数知れず。

性格
熱しやすく冷めやすいが凝り性。 今一番熱中していることはデータベースソフト桐でのHP作り。
生来、恥ずかしがり屋(シャイ)で人前に出たがらない。そういう意味では弁護士に向いていません。
生来、謙虚で控えめな性格で、慎み深すぎるところがあり、これ又弁護士に向いていないところです。

モットー
人生死ぬまで勉強。汗を流せ、汗を流した分だけ報われる。最後は、自分の頭で考え、自分の言葉で話せ。

その他冗談半分でいつも自己紹介の時に述べるモットーは以下のとおりです。

その1-自己に甘く他に厳しい。 
自己のミスは棚に上げ、他人のミスを徹底的に追及します。

その2-根に持つ性格です。
受けた恩義はすぐ忘れ、受けた恨みはシッカリと心に刻み、子、孫、と伝えて100年に渡ってたたります。

以上のモットーは、笑いを取るとのさもしい目的もありますが、人間の本質と考えてあげました。
自戒の意味を込めて自己のモットーにしております。

*******************************************

<勤務弁護士>
弁護士 畠山拓也(はたけやま たくや)

経歴
昭和57年2月18日生まれ、仙台市出身
平成12年 仙台二高卒業
平成18年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
平成21年 東北大学法科大学院修了
平成25年 司法試験合格、司法修習
平成26年12月 弁護士登録、小松亀一法律事務所入所


ご挨拶
1 障害について

 私は腎機能に障害があります。
 司法試験の受験が思わず長引いてしまった平成24年秋ころ、数年来悩まされていた頭痛や体のだるさを診てもらおうと病院へ行ったところ、検査の結果、慢性腎不全の末期状態との診断を受け、そのため、私にとって最後の受験を翌年5月に控えていた平成24年10月から2ヶ月間ほど入院し、腹膜透析治療を導入しました。

 腹膜透析とは、腹腔に透析液を貯留し、腹膜の浸透圧を利用して体内の毒素を取り除く治療です。日に3~4回、自分で透析液の交換をする作業を行わなければならず、日常生活に支障があるため、人工透析の導入時に、内部障害1級の認定を受けました。そして、透析治療を導入後、頭痛等の症状もすっかりなくなりました。それからは腹をくくって受験に専念することができ、平成25年9月に司法試験に合格することができました。

2 病気をきっかけとした転機
 病気の発覚は少なからぬショックでした。社会に出る前に障害を抱えることになり、これから先の人生がどうなってしまうのか途方に暮れる思いでした。
 しかし、そんな中でも、家族や友人、担当医師や看護士等、たくさんの方の励ましやご協力をいただいて、気持ちを奮い立たせることができました。司法修習中も、行く先々で治療場所の確保や時間の融通等の取り計らいをしていただき、ハンデを感じることなく修習に専念することができました。

 何より、当事務所の小松所長との出会いが、私を大いに勇気づけてくれました。小松所長は耳の障害に悩まされながらも司法試験の受験を乗り越え、ベテラン弁護士として人一倍のご活躍をされています。小松所長は並み外れた努力家でいらっしゃるので、私も同じようにとは簡単にはいきませんが、「逆境をバネに何事もなしえる」という希望を頂きました。そして、大変ありがたいことに、病気を通じたご縁がきっかけとなって、平成26年12月に当事務所へ入所させていただくことになりました。

 周囲の多くの方々にご心配とご迷惑をおかけしておきながら、病気になったことが良かったとはとても言えません。ですが、私にとっては決して悪いことばかりではなく、良い方向へ向かう大きな転機になったと思っています。まさに人間万事塞翁が馬とはこのことだと実感しました。

3 弁護士としての希望
 身体の障害に限らず、何かしらの困難に直面したとき、自分1人ではどうしようもないことがあると思います。幸い私はたくさんの方々に助けられてどうにかやってこられました。
 あのとき私を支えてくれた周りの方々のように、私も弁護士として、お客様が困難に立ち向かう際の一助となれれば幸いです。

 もっとも、今の私は弁護士としても、社会人としてもまだまだ未熟で、入所以来日々自分の至らなさを痛感しています。これからも研鑽を重ね、ご依頼者様のお手伝いをする中で、私自身成長させていただきたいと思っています。
 どうぞ宜しくお願いいたします。

*******************************************

弁護士 雨宮亜希子(あめみや あきこ)
経歴
新潟県生まれ,まもなく山形県へ引越し,小中高まで過ごしました。
平成15年 東京都立大学法学部入学
平成20年 同大学法学部法律学科卒業
平成23年 東北大学法科大学院修了
平成25年 司法試験合格
平成26年 司法修習
平成27年12月 弁護士登録,小松亀一法律事務所入所


ご挨拶
1 自己紹介

 この度,小松亀一法律事務所に入所致しました雨宮亜希子(あめみやあきこ)と申します。
 夫と子どもがいます。親としては手探りの毎日ではありますが,子どものいる生活を通じて学ぶこと,挑戦することの楽しさを改めて感じています。
2 抱負
 当事務所は,弁護士間はもちろん事務局の皆さんも含めて風通しが良く,それぞれが自ら考え仕事を進めていくことのできる環境が整っています。この恵まれた環境のなか日々研鑽を重ね一日も早く皆さまから頼りにされる弁護士となるよう努力して参る所存です。
 とはいえ,弁護士としてもまだまだ手探りの毎日です。至らない点も多々あるかと思いますが,自分自身の未熟さやものごとの曖昧さとも真摯に向き合いながら日々の成長につなげていきたいと思います。
 どうぞご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。


*******************************************

(提携弁護士・元勤務弁護士)

〒989-6117 大崎市古川旭2丁目3-5-2階北側
      菅原・佐々木法律事務所
      電話 0229-25-6110
      FAX0229-25-6112


弁護士 菅原 健(すがわら たけし)
経歴
昭和48年6月7日生まれ、仙台市出身。
おたまや幼稚園、片平丁小、五橋中、仙台一高を卒業しました。
平成4年高校卒業後、渡米。カリフォルニア州ロサンゼルスに約3年在住。その後マレーシアのクアラルンプールに半年ほど住んでおりました。
平成9年帰国。その後、3年間貿易会社にて勤務し海外との折衝等を担当。
平成12年IT関連会社(デジタルコンテンツ制作・グラフィックデザイン・マーケティング・プランニング等)を設立、取締役副社長に就任(平成19年8月辞任・退職)。約7年間同社の経営をしました。
平成18年東北大学法科大学院入学、平成21年卒業。
平成22年9月新司法試験合格。
平成23年12月弁護士登録、小松亀一法律事務所入所
平成25年12月小松亀一法律事務所から独立して、大崎市古川に菅原・佐々木法律事務所開設

目標等
 約10年間の社会人経験、そのうち約7年間従業員約10人程度の会社を経営してきた経験、単身海外で約4年間生活してきた経験、離婚の経験などを活かして、質の高いサービスを提供することを目指しております。
以上:3,573文字

タイトル
お名前
email
ご感想
ご確認 上記内容で送信する(要チェック
※大変恐縮ながら具体的事件のメール相談は実施しておりません。

 


旧TOPホーム > 事務所 > 事務所案内・行事等 > 弁護士プロフィール