サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちており、正確性は担保致しません。データは、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。
また、恐縮ですが、データに関するご照会は、全て投稿フォームでお願い致します。電話・FAXによるご照会には、原則として、ご回答致しかねますのでご了承お願い申し上げます。
■ 携帯電話やスマートフォーンでご覧いただいてます皆様へ。下記からもアクセス可能です。ご利用下さい
・モバイル版トップページ http://komatsu-law.com/ ・交通事故関係 http://komatsu-law.com/koutu/
・男女問題関係 http://komatsu-law.com/danjyo/ ・相続家族関係 http://komatsu-law.com/souzoku/
相談専用ホームページ
  
ホームページ更新情報          【最新記事
H30-11-16(金)事務所 > 2018年11月16日発行第233号”弁護士育成の大誤解”
H30-11-15(木)男女問題 > 婚姻費用支払請求の訴えを不適法として却下した地裁判例紹介
H30-11-14(水)相続家族 > 民法910条に基づく価額支払請求で消極財産不控除とした地裁判例紹介
H30-11-13(火)法律その他 > 水分・油分付着飲食店通路転倒事故と土地工作物管理瑕疵判断判例紹介
H30-11-12(月)男女問題 > 婚約中から婚姻後まで継続不貞行為配偶者への損害賠償を認めた判例紹介
H30-11-11(日)桐・IT等 > 使用スマホGALAXYNote3から9に変更-4年7ヶ月良くもちました
H30-11-10(土)交通事故 > スノーボード滑走中衝突事故に脳脊髄液減少症発症を認めた判例紹介
H30-11- 9(金)貸借売買等 > ファクタリング取引が金銭消費貸借非該当とした高裁判例紹介
H30-11- 8(木)貸借売買等 > ファクタリング取引が金銭消費貸借非該当とした地裁判例紹介
H30-11- 7(水)法律その他 > 民法第235条”目隠し”設置要求が一部認められた判決紹介まとめ1
H30-11- 6(火)法律その他 > 民法第235条”目隠し”設置要求が一部認められた判決紹介1
H30-11- 6(火)法律その他 > 民法第235条”目隠し”設置要求が一部認められた判決紹介2
H30-11- 5(月)趣味 > 岡弘祠FG教室第42回門下生研究発表会出演-打ち上げ会励ましの声がけに感激
H30-11- 4(日)相続家族 > 自筆証書遺言書有効性判断に動画内容を参考にした高裁判例紹介1
H30-11- 4(日)相続家族 > 自筆証書遺言書有効性判断に動画内容を参考にした高裁判例紹介2
H30-11- 3(土)交通事故 > 交通事故後のPTSD(心的外傷後ストレス障害)発症認容裁判例紹介
H30-11- 2(金)貸借売買等 > 時効完成後の債権回収-平成24年10月15日宇都宮簡裁判決復習


この改行は必要→
【最新更新記事】 H30-11-16(金):事務所 > 大山滋郎弁護士ニュースレター2

2018年11月16日発行第233号”弁護士育成の大誤解”

横浜パートナー法律事務所代表弁護士大山滋郎(おおやまじろう)先生が毎月2回発行しているニュースレター出来たてほやほやの平成30年11月16日発行第233号「弁護士育成の大誤解」をお届けします。

「子育ての大誤解」なんて本は全く知りませんでしたが、ネット検索すると書評が山のように出てきます。リンクした橘玲氏の書評は「『子育ての大誤解』は掛け値なしに、これまででわたしがもっとも大きな影響を受けた本のひとつだ。なぜなら長年の疑問を、快刀乱麻を断つように解き明かしてくれたのだから。」との書き出しで、詳細に解説しています。

○大山先生の一家と違って「子育てに失敗した」と長い間深い自責の念に駈られてきた私は、私には「子育ての大誤解」は、気休めになりそうだと感じて、早速、アマゾンに上下2冊を注文しました。当事務所には勤務弁護士が2人しか居ませんが、私は当てにしないで2人で仲良く切磋琢磨してやってくれと気が楽になりました(^^)。

*******************************************
横浜弁護士会所属 大山滋郎弁護士作

弁護士育成の大誤解


「子育ての大誤解」という、とても面白い本があります。「重要なのは親じゃない」という副題が、本の内容を全て表しています。「子育て」における、親の果たす役割なんか、本当に小さいものだということを書いた本なんです。それなら、子育てにおいて何が重要かというと、兄弟や友達といった、同年代の人達の影響なんだそうです。そう言われてみると確かに、私自身子供の頃は、親の言うことはうるさく感じる一方、同年代の先輩たちの言うことには敬意を払ってきたように覚えています。

著者によると、人間というのは大昔から相当長い間、親にではなく同年代の先輩たちに育てられてきそうです。昔は、親は子供を産むだけで手いっぱいで、とてもじゃないけど「育てる」余裕なんかないというんですね。

何十万年も続いた狩猟時代には、確かに子供を教育するだけの余裕を持った親などいなかったはずですね。人間というのは、そういう風に育つように長い間に作られてきたので、子供というのは、友達や先輩の言うことなら聞くけど、親の言うことなど聞かないように出来ているそうです。「なるほど!」と、思わず唸ってしまうような説明です。

弁護士の場合も、若手をどのように育てるかは、問題になります。もともと弁護士は非常に恵まれています。司法試験に受かった後、国の費用で1年間の研修を受けさせて貰えるんです。裁判官や検察官になる人達と、一緒に行う研修です。この研修は、授業料がタダというだけで凄いんですが、さらに生活費まで出して貰えます。ここで、弁護士としての実務についての基礎を教えて貰うんですね。

研修が終わって正式に弁護士になりますと、通常はどこかの法律事務所に入って、勤務しながら仕事その他を覚えていくことになります。このときに、どんな事務所に入るかによって、新人がどんな弁護士になるかが決まるなんて、よく言われてるんです。

ボス弁護士が横柄な先生だと、新人も同じように横柄になるという話はよく聞きます。研修では、お客様対応などは教えてくれませんから、初めて体験する事務所での対応が、当たり前だと思って真似してしまうんだそうです。仕事に対する取り組みについても、同じことが言えそうです。弁護士によっては、自分が納得するまで、こだわりにこだわる人が相当数います。ある意味良いことなんですが、お客様を置いてきぼりにして、自己満足を追求しているような気もします。その一方、お客様の方ばかり見て仕事をしていると、段々とプロのとしての技能が衰えていくかもしれません。その辺の兼ね合いも、新人弁護士は最初に入って事務所でボス弁護士のもと、学んでいくんだそうです。

というわけで、私もこれまで新人弁護士の教育において、責任重大だと考えていたんです。しかし、「子育ての大誤解」を読んで、気が付いたのです!新人弁護士の教育に、ボスの影響なんてほとんどないと。

うちの事務所は、現在6名の弁護士がおりますが、新人は何かあると、私じゃなくて先輩に質問するんですね。聞かれた先輩たちも、私よりよほど親身に回答してあげているようです。うちで新人が良く育っていたとしたら、私の功績ではなく、先輩弁護士の功績だなと、素直に思います。もっとも、「子育ての大誤解」を読んでいて、子育てに友達や先輩が重要なら、「孟母三遷の教え」じゃないけど、良い友達や先輩のいるところで子供が育つようにするのは親の功績でしょう。良い先輩のいる事務所を作った私は、やっぱり凄い弁護士だと、自画自賛することにしたのです。

*******************************************

◇ 弁護士より一言

現在中学1年生の息子は、妻の言うことはちっとも聞かないのに、お姉ちゃん達には素直にしたがいます。先日、妻が息子に、「うちの子たちは大器晩成型だから将来は大物になるかもよ!」なんて言ったんですね。すると息子が、「そんなこと言うなら、銀行
強盗して大物になるかもよ!」なんてふざけたことを言います。妻はあきれてたんですが、その場にいた高校生の娘が冷静にコメントしました。
「そんな度胸ないから大丈夫よ!」
なるほど、親より兄弟姉妹の方が、子供のことを良く分かっているなと、感心したのでした。(おいおい。。。)
以上:2,222文字

Page Top