サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちて正確性に欠けることがありますので、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。データに関するご照会は、電話・FAXではなく、全て投稿フォームでお願い致します。
■ 携帯電話やスマートフォーンでご覧いただいてます皆様へ。下記からもアクセス可能です。ご利用下さい
・モバイル版トップページ http://komatsu-law.com/ ・交通事故関係http://komatsu-law.com/koutu/
 ・男女問題関係  http://komatsu-law.com/danjyo/ ・相続家族関係 http://komatsu-law.com/souzoku/
ホームページ更新情報          【最新記事
H29- 4-29(土)男女問題 > 別居中の婚姻費用分担義務-過去の婚姻費用請求についての最高裁判決
H29- 4-28(金)健康 > 真向法-股関節の柔軟性がまだまだ不十分であると自覚 
H29- 4-27(木)趣味 > 当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中5
H29- 4-26(水)弁護士等 > 東日本大震災3.11~あの日を忘れないこと-復興相発言に再度確認 
H29- 4-25(火)健康 > 石原医師”老いるほど若く見える健康法”紹介-老化チェックリスト
H29- 4-24(月)交通事故 > 遊休車両を有していても原則として休車損害が認められるとした判例紹介
H29- 4-23(日)交通事故 > メデュカルビュー社発行”神経外傷診療ガイドブック”紹介
H29- 4-22(土)趣味 > 当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中4
H29- 4-21(金)男女問題 > 2年程度の別居では婚姻破綻は認められないとした東京高裁判決全文紹介
H29- 4-20(木)九士会・RU > RU平成29年4月例会映画"グレンミラー物語"共同鑑賞会開催報告
H29- 4-19(水)趣味 > 当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中3 
H29- 4-18(火)趣味 > 当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中2
H29- 4-17(月)事務所 > 2017年04月16日発行第195号”パンドラ弁護士の希望”
H29- 4-16(日)趣味 > 当事務所702号室のAV(オーディオビジュアル)機能利用意欲昂進中1 
H29- 4-15(土)交通事故 > 股関節機能障害と将来人工骨頭置換術可能性に関する参考判例紹介
H29- 4-14(金)男女問題 > 別居期間3年未満を理由に婚姻破綻を認めない裁判例紹介(控訴審仙台高裁)
H29- 4-13(木)弁護士等 > 小松法律事務所第4回法律セミナー「遺言等の話し」開催報告


この改行は必要→
【最新更新記事】 H29- 4-29(土):男女問題 > 結婚

別居中の婚姻費用分担義務-過去の婚姻費用請求についての最高裁判決

○過去の婚姻費用が請求できるのでしょうかとの質問を受けました。私は、確か請求の意思表示をしたときからの請求は可能ですが、過去の遡っての請求が可能かどうかは、ハッキリしませんと回答しましたが、過去においても生活費-婚姻費用は実際にかかるのですから、過去の婚姻費用が請求できないのはおかしいのではないですかと、重ねて質問され、答えに詰まってしまいました(^^;)。

○「別居中の婚姻費用分担義務」に「婚姻費用分担の始期については、最高裁は過去の婚姻費用も請求できるとするも何処まで遡及するかについては明確にせず、審判例も一定していません。私としては婚姻費用分担義務発生時まで遡って然るべきと思っております。」なんて記載していました。この立場からは、過去の婚姻費用請求についても積極的に試みるべきでしょう。

○そこで裁判例を再度復習しましたが、先ずは過去の婚姻費用が問題になったケースについての昭和53年11月14日最高裁判決(判タ375号77頁、判時913号85頁)全文を紹介します。財産分与において過去の婚姻費用の分担の態様を斟酌してその額、方法を定めうるかについての回答ですが、「離婚訴訟において裁判所が財産分与の額及び方法を定めるについては当事者双方の一切の事情を考慮すべきものであることは民法771条、768条3項の規定上明らかであるところ、婚姻継続中における過去の婚姻費用の分担の態様は右事情のひとつにほかならないから、裁判所は、当事者の一方が過当に負担した婚姻費用の清算のための給付をも含めて財産分与の額及び方法を定めることができるものと解するのが、相当」としています。

○これは、過去の婚姻費用も財産分与額決定に当たり考慮すべき一切の事情に含まれるとするもので、財産分与を前提としており、純粋に過去の婚姻費用を請求できるかどうかは判然としません。これに対し、学説あるいは一部審判例では、過去の婚姻費用分担請求は離婚によつて消滅せず、しかも、財産分与とは別個に婚姻費用の分担として協議又は審判・調停の対象とすべきであるとする見解もあるようです。

********************************************

主  文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。

理  由
上告代理人○○○、同○○○の上告理由第一点について

 離婚訴訟において裁判所が財産分与の額及び方法を定めるについては当事者双方の一切の事情を考慮すべきものであることは民法771条、768条3項の規定上明らかであるところ、婚姻継続中における過去の婚姻費用の分担の態様は右事情のひとつにほかならないから、裁判所は、当事者の一方が過当に負担した婚姻費用の清算のための給付をも含めて財産分与の額及び方法を定めることができるものと解するのが、相当である。これと同趣旨の原審の判断は正当として是認することができ、その過程に所論の違法はない。論旨は、独自の見解を主張するものにすぎず、採用することができない。

同第二点について
 原審の適法に確定した事実関係のもとにおいて所論の点についてした原審の判断は、正当として是認することができ、その過程に所論の違法はない。論旨は、原判決を正解しないでこれを非難するものにすぎず、採用することができない。

同第三点について
 原審において所論の乙第16号証の1ないし4及び同第17号証の1ないし4につき証拠調べがされていること、また、原判決の事実摘示には右の事実の記載がなく、理由中の判断においても右書証の取捨が明らかにされていないことは、所論のとおりである。しかし、本件記録に徴すると、右書証が所論の点に関する原審の事実認定(これは、原判決挙示の証拠関係に照らして是認することができる。)を左右するものとまでは認められないから、前記の瑕疵は、判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違背に当たらないものというべきである。原判決に所論の違法はなく、論旨は採用することができない。
 よつて、民訴法401条、95条、89条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
(服部高顯 江里口清雄 高辻正己)

以上:1,699文字

Page Top