サイト内全検索
 

ご訪問有り難うございます。当HPは、私の備忘録を兼ねたブログ形式で「桐と自己満足」をキーワードに各種データを上記14の大分類>中分類>テーマ>の三層構造に分類整理して私の人生データベースを構築していくものです。
なお、出典を明示頂ければ、全データの転載もご自由で、転載の連絡も無用です。しかし、データ内容は独断と偏見に満ちて正確性に欠けることがありますので、決して鵜呑みにすることなく、あくまで参考として利用されるよう、予め、お断り申し上げます。データに関するご照会は、電話・FAXではなく、全て投稿フォームでお願い致します。
■ 携帯電話やスマートフォーンでご覧いただいてます皆様へ。下記からもアクセス可能です。ご利用下さい
・モバイル版トップページ http://komatsu-law.com/ ・交通事故関係http://komatsu-law.com/koutu/
 ・男女問題関係  http://komatsu-law.com/danjyo/ ・相続家族関係 http://komatsu-law.com/souzoku/
ホームページ更新情報          【最新記事
H29- 6-26(月)趣味 > 映画”レヴェナント”を4KUltraHDで観て
H29- 6-25(日)桐・IT等 > 桐V9版サンプルファイル"暦.wfm"紹介 
H29- 6-24(土)桐・IT等 > スケジュール管理はグーグルカレンダーで十分と判明-不便な点
H29- 6-23(金)趣味 > h29/6現在ツルカメ第二スタジオ保有UltraHDBlu-rayソフト一覧
H29- 6-22(木)貸借売買等 > 通常損耗原状回復義務発生要件を定めた最高裁判決全文紹介
H29- 6-21(水)交通事故 > T字路進入車過失に関する平成23年3月14日横浜地裁判決要旨紹介 
H29- 6-20(火)交通事故 > 母指関節可動域制限についての平成25年4月23日京都地裁判決一部紹介
H29- 6-19(月)弁護士等 > 民事事件法廷で裁判手続き中に斜向かいの法廷で緊急事態発生に驚愕2 
H29- 6-18(日)弁護士等 > 民事事件法廷で裁判手続き中に斜向かいの法廷で緊急事態発生に驚愕
H29- 6-17(土)事務所 > 2017年06月16日発行第199号”消極弁護士の熱情”
H29- 6-16(金)健康 > 「受動喫煙防止」は政治家の責務-塩崎恭久厚生労働大臣頑張れ!3
H29- 6-15(木)男女問題 > 協議離婚届には届出時に離婚意思が必要とする最高裁判例紹介 
H29- 6-14(水)交通事故 > 職業画家を考慮し自賠責等級12級で労働能力喪失率50%認めた判決紹介
H29- 6-13(火)交通事故 > 整備不良原因で発生した人身事故と自賠法運行供用者責任1
H29- 6-12(月)交通事故 > 母指関節可動域制限についての平成25年9月30日横浜地裁判決一部紹介
H29- 6-11(日)弁護士等 > 東北管区行政評価局行政一般相談担当-相談者の多さに驚く
H29- 6-10(土)桐・IT等 > スケジュール管理はグーグルカレンダーで十分と判明


この改行は必要→
【最新更新記事】 H29- 6-26(月):趣味 > 映画3

映画”レヴェナント”を4KUltraHDで観て

○平成29年6月25日(日)の午後、自宅マイルームに取り付けたサムスン有機ELテレビOLED55C6Pで、映画「レヴェナント」のBlu-ray特別版4KUltraHD版で鑑賞ました。「レヴェナント」はYahoo!映画解説によると「狩猟中に瀕死の重傷を負ったハンター(ディカプリオ)が、自分を荒野に置き去りにした仲間に復讐するため壮絶なサバイバルを繰り広げるさまを描く」もので、ディカプリオはこの映画で悲願のアカデミー賞を受賞したそうです。

○このUltraHDBlu-rayには、「4KHDRとして、ブルーレイの4倍を誇る超高解像度!高輝度、広色域が映し出す現実に迫る映画の世界!」と銘打っていますが、この「レヴェナント」も冒頭から先ず感じたのは圧倒的な映像の美しさでした。ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)と原住民の妻との間に生まれた息子と2人で浅い川を進行する場面から始まりますが、その川の小さな波のきらめきが、TVの画面の中ですが、本物の川が流れているように見えます。

○「西部の未開拓地に分け入った探索隊にガイドとして雇われた実在のハンター、ヒュー・グラスの道程に寄り添う映画」とのことですが、最初に度肝を抜かれたのは、主人公グラスが、巨大な熊に襲われるシーンです。「グラスが土に塗れ、鋭い牙で熊に肉を抉られ、熊の臭い息を嗅がされ、必然的に涎でべとべとになり」と解説されています。あんなシーンはCG映像でしか表現できないはずですが、人間の5倍はあろうかと思われる巨大が熊が本物にしか見えません。

○その後、生きたまま土葬されても、地上に這い出て渾身の匍匐前進を試み、死んで白骨化したシカかなんかの骨髄を食べるのを手始めに、生きるために必死に食を求め、寒さをしのぎ、そのための自然との苛酷な戦いが続きます。これはあり得ないだろうと思われるシーンも多々ありますが、その迫力には胸が締め付けられます。

○主人公の大自然との格闘の合間に映されるアメリカの大自然の美しさには圧倒されます。「夜明けの空が青から白へと、松明の炎が闇夜の黒を柿色に変える色彩のグラデーションが、自然光のみで画面に焼き付けられている。」と解説されていますが、これらの大自然の風景を観賞するだけでも価値のある映画です。

○しかし、大自然の風景の美しさに比べて、そこで営まれる動物を巻き添えにした人間同士の戦いや生活に関しては、リアルにグロテスクな場面も多く、グロが苦手な方には鑑賞をお勧めできない作品です。
以上:1,037文字

Page Top